ヒモになる方法【現役ジゴロが教える禁断の恋愛術】

ヒモ男になる方法

現役のヒモ(ジゴロ)でブログなどをやっている人は世の中にあまりいないらしく、よくテレビ出演のオファーを頂きます。
しかしながら、職業柄どうしても顔出しするわけにはいかないので、丁寧にお断りしています。

内容は、ドキュメンタリーだったり給与明細的なものだったり色々あるのですが、やはり一番多いのが、どうやったらヒモになれるのか?という事を語ってくれというものです。

というワケで、ホスト引退後、もうかれこれ10年以上もヒモ生活を続けている僕が、ヒモになりたい方のために具体的なテクニックや考え方などをお話したいと思います。

【1】まずは自分を洗脳する

「ヒモになるのは難しいこと」
と考えている人は、たぶんいつまで経ってもヒモになる事はできません。

日本の専業主婦を見てみてください。
旦那に働かせて、自分は家でゴロゴロしてるだけのクセに、旦那よりも態度がでかいです。
でも専業主婦の方々は、それが当たり前だと思っています。
この「当たり前と思うこと」が実は非常に大事です。

女の子からお金を貰う度に「ありがとう!」などと感謝していると、女の子の側も「なんかおかしいな」と気付きはじめます。

「お前はオレに金を渡して当たり前」くらいの図太い精神でいないと、ヒモ生活は長くは続きません。
自分に自信を持って、まずは自分を洗脳する事からはじめましょう。

【2】夢を持つことはやはり大事

女の子がヒモを養うというのは、いわば投資に似たようなものがあります。
「いつかこの人が成功して、私を幸せにしてくれるんだわ」
と信じているからこそ、当たり前のように貢いでくれるわけです。
子供を高額な私塾へ通わせる親の心理とも似ているかもしれません。

どんな夢でもいいのですが、
「いつか成功して楽な暮らしをさせてやる」
みたいなセリフは、常々言っておいた方がいいでしょう。

可能であれば、本気でそう思っていた方がいいです。
上辺だけのセリフでは、いつか見破られます。
このあたりも自己洗脳が必要かもしれません。

【3】ヒモにとって一番必要なものとは?

ヒモとは「相手が求めているものを与え、その対価としてお金を貰う職業」と定義することができます。

求めているものというのは、当たり前ですが女性によって違うので、それを見極める能力が絶対的に必要になってきます。
そう、ヒモに最も必要なのは、この相手を欲しているものを見極める能力なのです。
それがわかってはじめて、相手に「快」を与えることができるし、取引が成立します。

とはいえ、これはそんなに難しいことではありません。

たとえば頻繁にLINEや電話をしてくる子であれば、「寂しさを紛らわしてほしいタイプ」だし、消極的で無口な感じであれば、「グイグイ引っ張ってほしいタイプ」だし、悩みやグチが口癖みたいになっている子であれば、「共感・肯定してほしいタイプ」です。
常に「愛してるよ、綺麗だよ」と言ってほしい愛情不足タイプや、性的に常に満たされていなければ気が済まないというSEX依存症タイプもいるでしょう。

相手の欲しているものがわかれば、それを供給する量を変化させる事で、駆け引きすることができます。
「相手が喜ぶこと」と「相手が嫌がること」というのは、出会って間もない初期の段階で見極める必要があるでしょう。

それがわかれば、相手の思考が見えてきます。
相手の思考が見えれば、常に先手を打つことができます。

ちなみに「ヒモになったら、家事は全部やること」みたいに指南している人がいますが、そんな事はありません。
「男が家事なんてしてほしくない」と考えている女性だっているのです。
「ヒモ」や「ジゴロ」と一口に言っても、実に色々なタイプがいます。
この事は、この記事の下の方でも解説します。

【4】ヒモられ女(ターゲット女性)の特徴

風俗で働く女性や、男性に大金を貢ぐ女性を特別な存在だと思っている人がいますが、そうではありません。
もちろん、片親だったり、特殊な環境で育ったりとかそういう女性もいますが、殆どの女性は、いわゆるどこにでもいる普通の女性です。

「私、風俗だけは絶対にできない」
という女性が風俗嬢になったのを僕は数え切れないほど見てきています。
というか、風俗をやる前からヤル気満々という人の方が少ないでしょう。

ただこれでは面白くないので、まあ分かりやすい特徴というのは、あるにはあります。
ただこれはちょっと企業秘密なので、ここでは言いません(笑)
知りたい方は、後で紹介しますが拙著をご覧ください。

【5】ヒモられ女(ターゲット女性)出会い

「ダメオトコに大金を貢ぐような都合の良い女と、どこで出会うの?」
という質問は、僕が男友達などから受ける最も多い質問です。

結論から言うと「ナンパ」です。
ナンパが最もコスパが良いのです。
逆に言うと、ナンパ以外の出会いの手段というのは、僕にはちょっと考えられません。

出会い系などは、最もコスパが悪いので絶対にやめましょう。
そもそも、会うまでにコストがかかりすぎます。

「出会い系で探すのもアリ」みたいな事を書いてる人がたまにいますが、そういう人はアフィリリンクを貼って、ただ単に小遣いを稼ぎたいだけなので、そういう人の言ってる事は信用しないようにしましょう。

なぜナンパかというと、ナンパに引っかかる女性というのは、以下のような特徴を併せ持った女性だからです。
ヒモられ女(ターゲット女性)になりやすい人だけが引っかかってくれるという、非常に都合の良い手段なのです。

ナンパに引っかかる女性の特徴

彼氏がいない
人を信じやすい
心に隙間がある
寂しがり屋
男好き

【6】ヒモられ女(ターゲット女性)の職業

「どういう職業の女性が貢いでくれるの?」
という質問も多いので、ここに書いておきます。
ざっくりと以下になります。

ヒモられ女の職業

風俗嬢=50%
水商売=30%
それ以外=20%

おおよそホストクラブの客層と変わりません。
やはり圧倒的に多いのが風俗嬢です。
彼女らはストレスも凄いので、それを発散させる日常生活がないとバランスがとれないのでしょう。

水商売は、セクキャバやランパブなども含みます。
水商売女性もストレスは凄いのですが、やはりそれなりに魅力レベルが高い(要するに美人)ですし、男を見る目も肥えているので、こちらもそれなりでないと落ちてくれません。

僕も若い頃は、銀座の高級クラブのホステスのヒモとかしてましたが、さすがにもう年齢的にちょっとキツイです(汗)
やはり、歳相応のターゲットというのがいるのです。

「それ以外」というのは、殆どが一般女性です。
僕の場合だと、OL、銀行員、看護師、学校の先生、新聞記者、テレビ関係者などがいました。
高給なんだけど忙しくて出会いがなかったり、ストレスが溜まる系の仕事がやはり多いように感じます。

社長令嬢みたいな子は、残念ながら過去に1人もいません(汗)
やはり、きちんとした教育を受けている子は、なかなかこういう世界にはハマってくれないです。
そもそも出会うキッカケも殆どないですしね。

【7】良いヒモと悪いヒモ

今まで色んなヒモ男を見てきましたがつくづく思うのは、ヒモにも良性と悪性があるという事です。

良いヒモというのは、いわゆる専業主夫です。
家事を全てこなし、彼女が仕事をしやすい環境、居心地がいい理想の環境を作ってあげる事に全力を注ぎます。

プライドを捨て、彼女の命令には絶対的に従います。
彼女の自尊心や虚栄心を日々くすぐり、なくてはならない存在になります。
寄生というか、共生に近いですよね。

このタイプは殆どが計算してやってます。
まあ、これは誰でもなれると思います。

一方、悪いヒモというのは、いわゆるヤクザ的なヒモです。
暴力を奮い、罵声を浴びせ、常に上から目線で接します。

「俺は特別な存在」
「お前には俺が一番似合う」
「お前は俺なしじゃ生きられない」
などの言葉で洗脳し、時折見せる優しい言動とのギャップで振り幅を作り、彼女の感情を揺さぶり続けます。

前者がメリーゴーランドだとすれば、こちらはジェットコースターかお化け屋敷です。
エンディングを見ずにはいられないゲームのような恋愛劇を演出します。

悪いヒモは、元ヤクザとか元ホストの人に多いですが、何度見ても、僕には絶対に真似できないなと感じます(笑)
なんというか、天性の素質というか、生まれ持ったものがないと難しいのです。
まあ、いわゆるダメ男です。
たぶん殆どの人が「気がついたらヒモだった」みたいな感じで、何も考えずにやっちゃってると思います。

どちらを目指すかは、その人次第です。
自分に合っているなと感じた方を目指していただけたらなと思います
ちなみに僕は、このどらちでもなく、中間くらいです。

【8】ヒモ友達を作る

ヒモライフがはじまったら、なるべく早い段階で、同性ヒモの友達を作る事をお薦めします。

なぜなら、1人でもそういうヒモメン的な友達を作っておけば、情報交換やアリバイ対策など色々と役立つからです。
ヒモ友達づたいに、女の子に謝罪したり、好意を伝えたりとかもできます。

作り方はちょっと難しいのですが、アンテナを常に張っていれば、どこかで引っかかるでしょう。
たとえば、ヒモられ女が風俗嬢だった場合、女友達とその彼氏とでWデートとかすると、相手方の男性もヒモだったりします。

その人経由で、新たなヒモ友達を紹介してもらう事もあるでしょう。
幸い僕には、引き寄せの法則とでも言うべきか、常に2~3人のヒモ友達がいます。
その内の1人は、ホスト時代からなので、もうかれこれ15年ほどの付き合いになります。
お互いに、非常に重宝しています。
一般の人でも、ヒモ友達を作っておけば、何かと重宝すると思いますよ^^

【9】変な広告に注意

世の中には、モテない男性をターゲットにした悪質な商材やサイトが大量に存在しています。
以下のような誘導文言を見かけたら、おそらくその先には詐欺師が待ち構えています。

悪質サイトのキャッチコピー集

すぐにエッチできる美人女性を即日ご紹介
確実に貢いでくれるセレブ女性をご紹介します
出張ホスト募集!外見問いません!70歳まで
お金持ちの美熟女とデートするだけの簡単な仕事
女性と遊ぶだけで大金GETできる超簡単アルバイト

普通に考えて、あるワケないですよね。
特に「絶対」「確実」「誰でも」みたいなキーワードが出てきたら注意しましょう。
世の中に、そうそう美味しい話など転がっていません。

ヒモだって、誰でも確実になれるワケじゃありません。
ある程度の適正というのがあります。
(詳細は下のリンクから)

【10】まとめ

これは昔から思っているのですが、
「どうしてもモテたい」
「どうしても彼女がほしい」

と思っている人こそ、ヒモを目指してもらいたいと思います。
理想や目標を高く掲げていれば、本来自分が目指していたものなど、すぐに叶えられるようになるからです。

たとえば、東大を目指して頑張っていれば、慶応や早稲田に楽勝で合格できるくらいの学力などあっという間に身に付きますよね?
それと同じことです。
これから先は有料になりますが、気になる方は以下からどうぞ。

ヒモになる方法

シェアする