ジゴロなんか!【3】女の子向けQ&A編

ジゴロなんて!よくある質問集と質疑応答

この記事は僕が書いたものではありません。

「ジゴロなんか!Gigolette Philosophy」
という2010年頃まで存在したサイトのキャッシュになります。
現役のジゴロ(ヒモ)の方が書いています。

非常に優れた文章だったので、オフライン時でも読めるようにコピペしておいたのですが、ふと気づいた時にはサイトはなくなっていました。
僕だけが読めるというのはなんとなく気が引けるので、共有したいと思います。

僕とは色々と考えが違う部分もありますが、強く共感できる部分もあります。
特に、ジゴロ(ヒモ)をする上でのマインドについて、参考になる部分があると思います。

この【第三弾】で紹介するのは、女の子向けのQ&A集です。
しかしながら、質問が一行(タイトル部分)しかなく、どういう経緯で質問がきたのか、また相手の女の子の状況など不明な点が多いです。
まあ、とりあえず載せます(笑)

PS:
書いたご本人様
もしも不快に感じた場合は メールフォーム よりご連絡くださいませ。
即刻削除させていただきます。

~ここからです~

【1】彼にホストを辞めさせる方法はありますか?

彼とアナタはどちらが金持ちだろうか。まずは金が必要だよ。今の彼はホストとして収入があるんだ、ということを忘れてはいけない。ひとりの人間の仕事を辞めさせるということを軽く考えたらダメ。これはホストに限ったことではないからね。

ホストクラブで働いて実感するのは、稼ぎに対する不満かな。お店という場所があるおかげで稼げるんだ、と頭ではわかっていても「客の金=自分の金」みたいな感覚だと、どうも納得がいかないんだよね。店の経営にはすごく資金が必要だということも頭ではわかっているんだけど、雇われてるだけのホストにとって、店の家賃とか光熱費とか酒類の仕入れ代なんか知ったことではないんだ。

そうなると、どうしてもヒモ生活に魅力を感じてしまう。つまり本音の部分では、多くのホストが店を辞めたがっているんだ。だから辞めたあとの収入に不安がなければ、いつでもホストは店を辞めるよ。辞めてダメなら、またどこかの店に復活すればいいだけだから、雇われホストは気楽なものなんだ。

アナタの願いは「本命の彼女になって、彼にホスト以外の仕事で稼いでもらいたい」だよね。ハッキリ言って急に全部の望みをかなえるのは無理だよ。だから時間をかけて1つ1つ片付けていく覚悟がいると思うよ。

水揚げしたいと思うくらいだから、本命ではなくても本命候補に入ってる実感はあるんだよね。最初はその程度でいいと思うよ。逆に、そのくらい本命に近いところにいないと、ホストをやめさせるなんて無理な話し。本命の候補から漏れているなら、見込みはまったく無い。だから、冷たいようだけど現段階では諦めた方がいいと思うよ。

【2】付き合って1年…ホストの彼の気持ちが分かりません

どうすれば本命の彼女になれるのか。その前に、彼はアナタをどう思っているのかだよね。そしてそれは、彼とどこで出会ったかにもよる。もし、好奇心から軽い気持ちでホストクラブに遊びに行って彼と出会ってしまったのなら、これは困ったことだ。友達に誘われたとか、ホストに「今回は無料でいいよ」と誘われたとか、理由は色々あるんだろうけど、断ることは出来たはずなんだ。

それなのにアナタは、自分の意志でホストクラブに遊びに行ってしまった。わかってるとは思うけど、まずはそのことをちゃんと認めないとね。そして、残念だけどそんなアナタには彼に「ホストをやめて」という資格なんてないんだよ。

出会いって大切なんだよね。彼にとってアナタは「ホストクラブに遊びに行くような女」なんだ。ホストにそんなこと言われたくない、ホストのクセにそんなことを言う資格なんかない、と思う気持ちはわかるんだけど、いま大事なのは、彼にそう思われちゃってるということ。アナタの気持ちを押しつけたって、彼のアナタに対する気持ちは何も変わらないだろうからね。

もしアナタが風俗店で働いているなら、わかるはずだよ。客にどんなに「お前を大切に想っているんだ」と言われたって「でも風俗店に遊びに行くような男でしょ」という気持ちは消えないと思うんだ。それと同じことだと思うよ。

でも出会っちゃったんだし、好きになってしまった気持ちはどうすることも出来ないし、ホストをやめて欲しいと思うのも、女として素直な気持ちだよね。だから、そんなことを言う資格があるかどうかなんて関係ないんだよね。

【3】どうしたら、ホス彼の本命の彼女になれますか?

アナタが本命として勝ち残るには、数多くの恋敵たちと戦わなければならない。といっても全員が敵とは限らないんだ。もちろん彼が好きだから指名するんだけど、遊び慣れてる客はお店だけの付き合いだって割り切ってるから、うまく仲良くなればきっとアナタの味方になる。

実はホストが一番困るのは、別々の指名客が仲良くなることなんだ。でも同じ店で何度も顔を合わせるわけだし、お互いにひとりで店に来ることだってある。だから仲良くなるチャンスなんて、いくらだってあるんだ。お店のつくりにもよるけど、別の指名客とトイレで2人っきりになれることだってあるし、お互いに携帯やメールさえ交換してしまえば、その関係をホストがコントロールするのは困難だからね。

運良く何人かの指名客とプライベートでも仲良くなれたら、次は彼のヘルプたちとも仲良くなった方がいい。どの程度仲良くなるかが微妙なんだけど、広く浅く友達以上親友未満くらいなノリでいいかな。

そうやって、少しずつ彼と共有する友達を増やしていくんだ。でも無理に仲良くなろうとしてもダメだよ。臆病になって遠慮ばかりしているのもダメだけど、明らかに不自然だろという図々しい態度もダメ。自然に振舞いながら、味方になってくれる友達を少しずつ増やしていくしかないんだ。

あとは彼の判断次第だから、絶対にうまくいくなんて言い切ることはできないんだけど、こうすることで、彼の周囲で多くの人がアナタを知っていることになる。彼とアナタがワンセットで話題になる機会が多くなるんだ。そして、その状況を彼がどう感じるかだよね。まずはそこからかな。

【4】どうすれば彼をナンバー1ホストにしてあげられますか?

これは、ではないが簡単に出来ることではない。金で解決できる問題だけど、金が無ければ知恵を絞るしかないね。もしアナタがホステスや風俗嬢というのなら、アナタにも何人かの指名客がいるよね。毎日のようにアフターに誘われると思う。そこでホストクラブに連れて行くんだ。これはその指名客にとって屈辱的なことだから、彼にも協力をお願いするしかないんだけど、彼もプロなんだから、そこはうまく対応してくれるよ。

他の男なんか連れて行って彼に嫌われたりしないか、と心配することなんてない。それどころか逆に「そこまでして売り上げに協力してくれるのか」って感謝されるよマジでね。

彼をナンバーワンにしてあげることが出来なくても、アナタの協力のお陰で売り上げが伸びたのなら、彼の中でアナタはナンバーワンになれるんだ。これは大きな前進だと思うよ。この女は自分のために多くの金を店に落としてくれた。もっと頑張ればナンバーワンも夢ではない。だけど、ナンバーワンになったところで自分にはいくら入るのか。このまま店に金を落とし続けても、虚しいだけじゃないのか。これはホストが売れてくると、必ずぶち当たる壁なんだ。自分は一体何のために売り上げを伸ばそうとしているのか見失う瞬間があるんだ。

【5】彼がホストを辞めてくれたのですが、ずっと家でゴロゴロしています

とりあえずアナタには収入があるのだから、男の面倒を見るくらいのお金はあるよね。ずるずるホストを続けていても次の仕事なんか簡単に見つけられるものではないけど、辞めたからといってすぐに他の仕事なんか出来ないんだ。

これは甘えてるんだけど、ホストってあまりにも楽な仕事だからね。少しリハビリが必要だと思うんだ。だけど、あんまり甘えさせるとクセになるから、難しいところだよね。好きになった弱みもあるから、そんなに強いことも言えない。

でも店を辞めたんだから、まだ切れてない客は何人か残っていても、新しい出会いの機会は店にいた時よりかなり減っているはずなんだ。だからあとは、純粋にアナタの魅力次第ということになるね。人として女として、彼の中で本物のナンバーワンになれるように頑張るしかないよ。

【6】永久指名の店なのですが、うまく指名を替えられますか?

理由にもよるんだけど、トラブルの元になるなあ。お店のシステムにもよるだろうけど、昨日までA君を指名してたのに急にB君に替えたりするのはマズイよね。

そういう場合は、友達に協力してもらうという手もあるね。3人くらいで遊びに行って、いきなり5人くらい指名してしまうんだ。そうなるとA君とそのヘルプたちも途端に肩身が狭くなるよね。それで毎回指名する5人の面子を微妙に変えたりしてね。そういう遊び方にスタイルを変えちゃうんだ。

A君が休みでも関係無くお店に行っちゃう。そうやって少しずつA君の指名客なんだ、という印象を薄めていくんだ。店としては売り上げに貢献してくれるいいお客さんだし、A君のプライドよりも売り上げの方を重視するからね。そのA君がオーナーだったりするとややこしいけどね。まああとはA君の器の大きさによるかな。

【7】ホストの彼に風俗で働いてくれと頼まれたのですが微妙です…

出来ないものは出来ないと言うしかないよ。彼のためにお金を作りたい、普通の仕事では彼の望む額を稼げない、でも風俗では働きたくない、そんなことが出来るくらいならとっくに風俗で働いてるよ、ということかな。でもやる気があるなら、出来ないことなんかないでしょ。やりたくない、やる気がない、とハッキリ言うしかないよね。

どうしてやりたくないのか理由としては、まず意外に重労働、女としてそんな仕事をしたくない、たとえ仕事でも彼以外とエッチしたくない、あたりだよね。ここで問題なのが「風俗で働くくらいなら別れる」という選択肢があるかどうかなんだ。風俗で働くのはイヤだけど別れたくない、これが本音だというのはわかるんだけど「風俗で働かないなら別れる」というのが彼の本音かもしれないから。そこまで言われて別れたくないのか、と言われても好きなものは好きなんだから仕方がないよね。

では「やりたくない」という理由をひとつずつ消してみよう。まず「重労働」だという点について。これは仕方がないよ。そんなに楽して月に何十万も何百万も稼げないって。重労働に耐えさえすれば、大金を稼げるチャンスがあるというだけ幸せなんだ、という方向に発想を転換してみよう。

次に「女としてそんな仕事をしたくない」という点について。これは女にしか出来ない仕事なんだよ。男って下半身で物を考えてしまう愚かで哀れな生き物なんだ。みんな風俗嬢がいるから頑張って仕事が出来るんだよ。もちろん彼女がいれば別だろうけど、世の中って平等じゃないでしょ。いい男がいい女を1人で何人も独占してしまうから、余ってる女なんていないんだ。

それに、仕事を頑張りすぎて女と出会う機会があまりないという男だっているだろうしね。ボランティア精神で愚かで哀れな男たちを救ってあげられる素晴らしい仕事なんだ、という方向に発想を転換すれば悪い気はしないでしょ?

最後の「たとえ仕事でも彼以外とエッチしたくない」なんだけど、これはどうかな。彼が「風俗で働くな」と言っているのなら別だけど、逆に、彼に「風俗で働いてくれ」と言われてしまったからショックなんだよね。ということは、彼は平気なんだよアナタが風俗嬢でもね。あとはアナタの気持ち次第ということになる。ではどうして彼は平気なんだろう。

それはアナタを信頼しているからなんだ。一番大切なものは肉体ではなく心なんだよね。そのアナタの心を彼は信頼しているんだ。嫉妬深くて肉体を束縛しようとする男は、その女心を信頼していない証拠なんだ。いくら肉体を束縛してたって、心が離れてしまったら信頼関係は成り立たないよね。彼はそのことを知っているんだ。だから単純に「稼ぎがいいから」という理由で「風俗で働いてくれ」と言えてしまうんだ。彼がアナタに「ゴメンな」と思っているのは「重労働させてゴメンな」ということなんだ。

これで「やりたくない」という理由は全部消えたよね。あとは「風俗で働くくらいなら別れる」という選択肢をどう消化するのかアナタ次第だよ。

【8】何もしないヒモの彼に普通の仕事をさせたいのですが?

普通の仕事って何だよ?という話しは別にして、ここではホスト以外の、という意味だよね。こればっかりは彼に言ってくれと言いたいところだけど、アナタが面倒を見るのをやめれば働くしかなくなるな。そのためには思いきって、アナタも仕事を辞めてしまうしかないね。

同棲しているなら、たちまち生活費に困るでしょ。貯金で半年や1年は遊んで暮らせたとしても、そのあとまず家賃が払えなくなるよね。1カ月や2カ月は滞納できたとしても、さすがにそれ以上滞納すれば追い出されてしまう。元ホストでヒモやってる彼に、普通に仕事をさせたければ、アナタ自身もドン底の生活をする覚悟を決めないとダメだよ。

でもこれは、彼が他の女のところに行ってしまうかもしれない危険な賭けだよね。もしまだ他の客と切れてないようなら、本当に危険な賭けになってしまう。その覚悟を決められるかどうか、あとはアナタ次第だね。

ヒモになる方法
スポンサーリンク

シェアする

フォローする